視力回復の視力ケアセンター

視力ケアセンター

 075-229-3098

〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル
午前 10:00~午後 17:00 / 休業日 日曜日・月曜日・祝日

子どもはなぜ近視になるの?

更新日:

生活環境に合わせて、子どもは視力が低下する!!

子供はなぜ近視になるの

子どもはTYゲームに夢中…でも、視力低下が心配

人が成長するプロセスの中に、その原因が

人が成長するプロセスの中に、その原因が

なぜ子どもは仮性近視に、さらに近視になるのでしょうか?

実は、人が成長するプロセスの中に、そのきっかけ、原因の多くは隠されています。そこで、人の成長と目の構造との関係をみてみましょう。

まず赤ちゃんの視力です。出生時の赤ちゃんの視力は0.02~0.05ぐらいで、20~30センチ以上離れたものがぼんやり見える程度です。

日々ものを見ることで、赤ちゃんは少しずつ視力を発達させていきます。眼球そのものの性能は大人のものとそう変わらないながらも、目から入ってくる情報を処理する大脳(視覚野)の働きが未発達であるせいで、まだ物事をハッキリとは認識できません。

1歳時で視力は0.3程度。腰がすわるようになると、赤ちゃんの視点が高くなり、奥行きや高さ、ものの立体感や距離感を視覚情報としてとらえるようになります。

視力は2歳で0.5程度まで発達しますが、大人並みの視力を獲得するようになるのは、もっと成長してからです。

立ったり歩いたりができるようになると、子どもの視点はさらに高くなります。このようにして大人と同じような視界がひらけていきます。6歳になると、ほとんどの子どもが1.0の視力になり、このころに視力が完成するといわれています。モノを立体的に把握する両眼視機能も、6~8歳で完成するといわれています。

こうしてみると、視力は身体の発達に比べてかなり早い時期に完成することがわかります。だからこそ逆に、近視が始まる時期も早い、ということができます。

近視は小学生になるころから始まり、中学、高校と進むにつれてその割合が増加していきます。こうした学齢期の子どもたちがおちいる偽近視を、仮性近視あるいは学校近視と呼ぶのです。

視力1.0以下の低視力者の割合は年々増加の傾向にあります。

子どもの視力1.5や2.0は、めずらしいものではない?

じつは視力の完成をむかえた子どもの目は、本来とてもよく見えるものなのです。

なぜなら、子どもは眼軸(水晶体から網膜までの長さ)が大人よりやや短く、遠くを見る時でも、ピントはしっかり合わず、網膜の後ろにずれていることが多いのです。要するに、遠視の状態にあることが多いということです。実際、子どもの視力1.5や2.0は、たいしてめずらしいものではありません。そして、成長とともに子どもの眼軸は伸びはじめ、正常眼とされる状態になっていくのです。

こうした子どもが大人の正常な眼を獲得する前に、習慣的に机に向かって勉強し過ぎたり、テレビゲームに夢中になって画面を見続けたりすると、どのようなことが起きるでしょうか。成長期の子どもの目は、環境に対する適応能力が高いため、毛様体の力で水晶体をあまり厚くしなくても近くが見えるように、眼球そのものを適応させてしまいます。たとえば、角膜のカーブが強くなるように変化させて凸レンズ効果を増加させたり、眼軸をより長く伸ばすことで近くを見えやすいようにしたり、目の構造そのものを環境に合わせて変化させてしまいます。毛様体筋という筋肉で調節するのではなく、自らの目の形を環境に適応させて見えやすいようにするのです。

こうして近くを見やすいように、眼球の適応が進んでいくと、今度は逆に、遠くが見えにくい目になっていきます。仮性近視の状態です。仮性近視は、あまり長時間近くを見ないように心がけるだけで、いずれは治るとされています。ところが、すぐにメガネやコンタクトレンズで矯正してしまうと、うまく回復してくれません。毛様体筋の働きを元に戻すことなく、水晶体を厚くした状態のまま楽に遠くが見えるように矯正してしまうと、目はその状態に適応し、本当の近視になってしまうのです。

また、仮性近視の状態を放置し、長時間、近くを凝視することを毎日続けていると、毛様体筋が疲弊して働かなくなり、厚くなった水晶体を通常の状態に戻せなくなってしまいます。こうなると、少々目を休ませたとしても、元どおりの視力を取り戻すことは大変むづかしくなります。
視力低下が常態化する前に、視力回復をはかることが大切なのです。

まとめ…… 視力って回復するの?

視力回復に関して、

近視は遺伝だからどうしようもないんじゃ…
どうしてどんどん視力が下がっていくんだろう…
回復すればうれしいけど、ホントに良くなるの?

などの疑問があると思います。
眼科などで、近視は治らないのでメガネをするよういわれると諦めてしまう方も多いですよね?

でも、大切な目を放っておいてもいいのでしょうか?

ここでは、近視のメカニズム・視力低下の原因について眼球のイラストにより再度わかりやすく説明しながら、視力回復について説明させていただきます。

遠くを見ているとき、カメラのレンズにあたる水晶体は毛様体筋の働きにより薄く変形しています。

逆に近くを見ているときは、毛様体筋が収縮することで水晶体が厚くなります。

遠くを見ているときは、毛様体筋は緩み近くを見ているときは水晶体を押し上げるために緊張しています。
近くを見続ける状態が長く続くと、毛様体筋は緊張しっぱなしになり凝ってきて動きが悪くなり、水晶体を薄くする調節ができにくくなります。この状態が仮性近視(毛様体筋の緊張状態)です。
仮性近視の状態が続くと、ちょうど肩こりが慢性化したような状態になり凝り固まってきます。
こうなると遠くを見ようとしても、レンズの役割を果たす水晶体を薄く調節することが難しくなってきます。

図3のような状態が屈折性近視の状態です。

こうなると、図1、2のように遠く、近くで水晶体が薄く、厚くという柔軟な動きが難しくなり、遠くにピントが合いづらくなります。遠くが見づらくなってくると、メガネ、コンタクトで矯正となるケースが多いと思います。

図4のように矯正で屈折率を変化させることで、遠くにピントを合わせます。過度な矯正でなければ、遠くを見る分には問題ないですが矯正した状態で近くを見続けると、さらに水晶体を厚くして近くを見ようと、毛様体筋が緊張することになります。

過度の矯正やメガネ・コンタクトのつけっぱなしで近視の進行、視力の低下を招くことになります。

さらに強度の近視になると、眼軸が伸びる軸性近視に移行します。

これは、眼軸の長さが伸びるためにピントが合わずに焦点がぼやけてしまう状態です。

軸性近視は、先天的な(つまり遺伝的な)要因で成長と共に進行するケースもありますが、多くが環境によるものだと考えられます。

文部科学省の統計データを見ても、環境の変化が視力低下に大きな影響を及ぼしていることが分かります。

過度の矯正をしたまま近くのものを見続けると、水晶体の厚みで調節できる範囲を超えてしまい、映像が網膜の後方に焦点を結びます。

このような状況に適応するため眼軸が後方に伸び、焦点を合わせようとすると考えられます。つまり目の環境への適応ともいえます。

Copyright© 視力ケアセンター , 2020 All Rights Reserved.