視力回復の視力ケアセンター

視力ケアセンター

 075-229-3098

〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル
午前 10:00~午後 17:00 / 休業日 日曜日・月曜日・祝日

逆さまつげの症状と治療法

更新日:

身近な目の病気「逆さまつげ」

逆さまつげの種類

逆さまつげとは?

まつげが目の方に向かって生えている場合を、一般的に「逆さまつげ」と呼んでいます。

逆さまつげには、まつげ全体が眼球に向かっている状態の「睫毛内反」(しょうもうないはん)と、正常なまつげの中で眼球に向かって生えているまつげが何本かある状態の「睫毛乱生」(しょうもうらんせい)があります。
逆さまつげには、まぶたの構造上の問題で生まれつき起こることもあります。また、

  • 「まぶたやまつげの根元の炎症」
  • 「まぶたの傷痕」
  • 「結膜炎の後遺症」
  • 「加齢」

などが原因の場合もあります。

最近は、とくに加齢にともなって、まぶたを支える構造が弱くなり、逆さまつげになるケースが増えているそうです。

また、逆さまつげは、まぶたの血流が悪くなり、通常は血液が流れないところに流れることによって、まつげが普通は生えないところに生えてしまったと考えられます。全身状態の悪化やガンの前兆として生えてくることもありますので、たかが逆さまつげなどとあなどってはならないのです。

逆さまつげの症状

睫毛内反や睫毛乱生になると、まつげが眼球に向かって生えた状態になるため、まつげが目を刺激します。すると、

  • 目がゴロゴロする
  • チクチクする
  • 目が痛む
  • 目が充血する
  • 目やにが出る
  • 目がかすむ

などといった症状が現れます。

逆さまつげの治療法

逆さまつげを自分で抜いたり、切ったりしないこと。

睫毛内反や睫毛乱生も、抜くとしばらく症状はましになりますが、また生えてくると同じ症状がでてきます。やはり、逆さまつげは、まぶたの構造的な問題が関係するため、根治させるためには専門的な治療が必要となります。

睫毛内反の場合は、まぶたの組織の一部を切除してまつげが生える向きを変えます。

睫毛乱生の場合は、少量ならばその部分の毛根を電気で抜いたりビューラーで角膜に触れないようにすればとくに問題はありません。また、逆まつげがあっても眼の表面の角膜に傷がなければ何もする必要はありません。

しかし自分でまつげを抜いたり、切ったりすると炎症を起こしたり、角膜を傷つける可能性があり、できればそういった睫毛乱生や眼瞼内反を専門とした眼科医に見てもらうほうが安心です。

Copyright© 視力ケアセンター , 2020 All Rights Reserved.