視力回復の視力ケアセンター

視力ケアセンター

 075-229-3098

〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル
午前 10:00~午後 17:00 / 休業日 日曜日・祝日

眼精疲労にならないための予防法、ツボ療法

更新日:

目が疲れる、なんとなくまぶしい、チカチカする、充血する

眼精疲労の予防方法01

眼精疲労になるメカニズムを知れば、予防方法も分かります

目が疲れる、なんとなくまぶしい、チカチカする、充血する……VDT作業(コンピュータのディスプレイなど表示機器を使用した作業)をしていてこんな状態になれば「疲れ目」です。生理的な疲れですから作業を中止したり、時間が経てば解消されます。

ところが、これを放置しておくと、肩が異様にこったり頭痛が起きたり……と目以外の部位に異常が発生します。このような二次症状を伴うのが「眼精疲労」です。

そのメカニズムは。

目にも体のほかの部位と同じように筋肉があって、それによって目は動くのです。ところが長時間連続して動かすと、当然ながら筋肉は疲労し、こり固まってしまいます。筋肉を動かすエネルギーも不足し、筋肉内には疲労を促す乳酸が増えていきます。モニター画面など近くのものを見続けていると毛様体筋は緊張したきりで、こり固まり一種の筋肉痛を引き起こすのです。

このメカニズムを考えれば、眼精疲労の対処法がわかります。

  1. 目を休める
    酸素が補給され、緊張していた筋肉は徐々に弛緩していきます。動かさないことで乳酸の量も減ります。
  2. 目をほぐす
    眼球周辺のマッサージや目の体操、ツボ療法などによって人為的に血行を促したり、筋肉疲労をときほぐすことができます(ツボ療法については、下段の「一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法」を参照)。
  3. 遠くを見る
    近くのものを見続けていると毛様体筋は緊張していますが、遠くを見るとゆるみます。じっと休んでいると緊張した毛様体がゆるむのには15~20分を要しますが、遠くを見ることで弛緩時間を早められます。

眼精疲労の予防方法01

親指の爪を1分見て、次に遠方の目標物を2分見ることを繰り返すと、毛様体筋の緊張がほぐれる。

実際問題として、職場では③を実行するのはなかなか困難ですが、昼休みに屋上や非常階段の踊り場などでやってみてください。

《遠くを見るやり方》

何十メートルか先に目標物となるポイントを決め、腕を伸ばし50センチほどのところに親指を立てます。親指の爪を1分見たら遠方の目標物を2分見る、というように近点、遠点を見ることを繰り返すことで、緊張した毛様体筋はほぐれます。

週末なのに目をいじめていませんか。

週末の過ごし方にも注意が必要です。

週末の休日は、平日にたまった疲れをとり、心と体をリラックスさせて、エネルギーを蓄えるべき日です。

ところが、週末なのに目をいじめる人が増えています。

  1. 自宅で長時間モニター画面を見る。
    遊びでパソコンを操作する、部屋を暗くして長時間TVやDVD、動画配信サービスを見ることです。最悪なのは、パソコンの仕事を自宅に持ち込むこと。これでは、休日なのに目をいじめているのと同じです。
  2. 遊びなどに夢中になって、睡眠不足になる。
    平日、疲れ切って帰宅し、趣味などやりたいことは全くできず、その反動で土日におもいっきり楽しむのはいいのですが、深夜2時3時までTVやDVDを見たり、休日は朝早くからドライブに行くスタイルは、目に良くありません。疲れ目にムチ打ち、さらに長時間酷使を続けるのは、自ら眼精疲労を招く行為といえます。
  3. 無理な長距離ドライブ・夜間ドライブ
    車が好きだが平日はドライブできない。そこで休日に乗る。それ自体は悪いことではありませんが、あくまで程度問題なのです。疲れた体、疲れた目で、長距離ドライブ・夜間ドライブは事故と隣り合わせですし、目の酷使につながります。

「目が疲れる」という不快な感覚は、目になんらかの機能的な異常が起こっていることを示す、ひとつの注意信号と考えるべきです。生活習慣を変えるなり、なんらかの対処を施さないと、改善はされず、ひどくなるばかりです。

ここで紹介した対処法がなかなかできない方は、超音波治療器「アイパワー」の使用をおすすめします。1日10分、まぶたの上にあてるだけ。疲れ目・眼精疲労に効果的に働き、目をスッキリさせます。

一人でできる眼精疲労に効果的なツボ療法

※治療の時間・回数は、疲れない程度に行うのが基本。目安としては、一カ所の治療時間は5~15分、指圧を繰り返す回数は、自分が気持ちよく感じる程度を適度な回数とします。

首にある眼精疲労のツボ

天柱・風池

天柱(てんちゅう)

位置/首の後ろの髪の生えぎわにある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ。
治療/ひじを左右に張り出して、両手で頭をかかえるようにして親指でツボを指圧する。ひどい疲れによる首のこりがほぐれ、頭の血行がよくなってリラックスできる。

風池(ふうち)

位置/首の後ろの髪の生えぎわで、2本の太い筋肉の両外側をわずかに離れたくぼみ。
治療/ひじを左右に張り出して、両手で頭をかかえるようにして親指でツボを指圧する。首の緊張がほぐれ、目への血流も改善される。

首の後ろのツボを指圧するときは、ひじを左右に張り出して、両手で頭をかかえるようにして親指でツボを押す。うなじがこったときは、首の後ろの2本の太い筋肉(僧帽筋=そうぼうきん)をつまむようにしてもむ。

目の周りにある眼精疲労のツボ

眼精疲労のツボ

瞳子髎(どうしりょう)

位置/目尻から、親指の幅半分外側のくぼみ。
治療/人差し指の腹で左右同時に、少しずつ力を入れて2秒くらい押すのを繰り返す。

太陽(たいよう)

位置/眉じり(眉毛の外端)と目じりの中点から、親指の幅1本分後ろ。
治療/人差し指または親指の腹で指圧する。はじめから強く押さず、少しずつ力を加えて、最終的にはしっかり押す。ツボ名の「太陽」とあるように、「太陽が照るように」目の疲れがスッキリする。

晴明(せいめい)

位置/目がしらと鼻柱の間にある骨のくぼんだところ。
治療/人差し指の腹で、静かにもむように押す。眼球を押さないように注意。目の周囲の緊張をとり、スッキリさせる効果がある。

攅竹(さんちく)

位置/左右それぞれの眉毛の内端にある。
治療/人差し指または中指をあてて、気持ち良く感じる程度の強さで指圧する。目の機能を調整する働きがあり、涙が出やすいときや眼精疲労、お年寄りの視力低下などに効果を発揮する。

絲竹空(しちくくう)

位置/眉の外側の端を指で押さえ上下に動かすと、骨の小さなくぼみにあれる。そこが絲竹空。
治療/人差し指または中指をあてて、気持ち良く感じる程度の強さで指圧する。目の機能を調整する働きがあり、このツボを指圧すると、目の疲れが取れスッキリする。目の充血にも効果がある。

肩こりに効果的な肩にあるツボ

肩井(けんせい)

肩井(けんせい)

位置/後ろ首の根元と肩先を結んだ線上の中間点。
治療/一方の手で肩を包むようにして指先に軽く力を込め、もう一方の手で肩を包んでいる手のひじを上下に動かす。てこの作用で、肩のツボに触れている指先をあまり強く押し付けなくても、楽に刺激が集中する。目の疲れにつきものの、がんこな肩こりに効く。

Copyright© 視力ケアセンター , 2021 All Rights Reserved.