視力回復の視力ケアセンター

視力ケアセンター

 075-229-3098

〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル
午前 10:00~午後 17:00 / 休業日 日曜日・月曜日・祝日

眼精疲労を防ぐ、 目の疲れをとる超音波治療器!

更新日:

眼精疲労とは? その対策方法は?

近くのものを長時間見続けることで起こる調節性眼精疲労

健康な状態ではないが、かといって病気ともいいがたいグレー・ゾーンに位置するやっかいな症状、それが眼精疲労です。

眼痛、視力障害、肩こり、頭痛、身体各部のだるさをはじめ、倦怠感、無力感など、目および種々の全身症状をきたすものです。

眼精疲労には、結膜炎や角膜炎などが原因で起こる症候性眼精疲労や、目の周辺の筋肉異常が引き起こす筋性眼精疲労もありますが、圧倒的に多いのが「調節性眼精疲労」です。ここでは、眼精疲労とは、基本的に「調節性眼精疲労」を指すものと考えて解説します。

「調節性眼精疲労」は、近くのものを長時間見続けることによって起こる「調節性機能低下」によるものと、遠視や乱視など屈折性異常によって起こるもの、さらに年齢による眼機能低下によるものの三つに分かれます。

今は、近くのものを長時間見続けること、から逃れられない時代です。テレビ、パソコン、携帯電話、スマホなど、少ない人でも1日2、3時間、多いと10時間以上「画面」と接触しています。

では、なぜ画面と長時間接すると、目の調節異常が起こるのでしょう。

目から入った光は、まず角膜を通過し、瞳孔を通って水晶体に達します。ここで焦点距離(ピント)合わせがされ、目の奥にあるスクリーン(網膜)に像を結びます。この情報が脳に伝わり、映像として認識されるのです。これが「見る」仕組みです。

目のレンズである水晶体は、凸レンズの形をしていますが、近くを見るとき、この水晶体は厚くなり、遠くを見るときは薄くなります。この水晶体の厚みを調節して網膜に像を結ばせる働きをするのが、水晶体の周りを囲む「毛様体」という組織で、この毛様体の筋肉(毛様体筋)が伸びたり縮んだりすることで、ピントが調節されるのです。

しかし、パソコンやスマホの画面を長時間じっと見つめていると、視点は近点(きんてん=近くの一点)に固定されてしまいます。毛様体筋が緊張しっぱなしになって疲弊してしまい、その結果、視点を調節する機能が低下し、中近点調節機能(すぐ近くや少し離れたところを見分ける能力)を低下させていきます。すると画面の判読が著しく困難になり、作業能率は急低下。この状態こそ眼精疲労なのです。

ほとんどの人はこれを「単なる疲れ目だ」と思い込みます。

では、疲れ目と眼精疲労は、どう違うのでしょう。

眼精疲労の怖さは、肩こり、頭痛、集中力の低下を引き起こすこと

疲れ目は、あくまで一時的な目の疲れです。たとえば3時間、夢中で本を読めば、目は当然疲れます。しかし、そこでパッとやめ、散歩したり横になっていれば、その疲れは自然にとれてしまいます。

これに対し眼精疲労は、メカニズム的には疲れ目と同じ経緯をたどりますが、病的なさまざまな症状を伴い、その状態が繰り返し現れ、各部位への悪影響が継続的・断続的に続くのです。

眼精疲労の主な症状をここで紹介します。

光の感じ方の異常

疲れが蓄積すると、ふだんと同じ照明が異常に明るく感じられる。目がチカチカします。

見え方の異常

長時間細かな作業をし続けたあとに物がかかすんで見えたり、近いところから遠いところに視線を移した時に、しばらく焦点が合わずぼやけてしまう。

痛み

目の奥が重苦しかったり、鈍い痛みを感じる。疲れが激しい時には、ずきずきした痛みを感じることも。

目のかゆみ

眼精疲労の方に必ずといってよいほど見られる症状です。

目の乾き

長時間、細かい文字などを凝視したときに、目の乾きを感じる。これは極端にまばたきの回数が減って、目の表面が乾いてしまうのがおもな原因。

肩こり、頭が重い、頭痛、全身がだるい、しょつ中イライラする、集中力の低下

「ひどい肩こり」は眼精疲労の人のほとんどに共通する症状です。

目の疲労を蓄積させないために、超音波治療器を有効活用しょう

眼精疲労の対策としては、モニター画面を見続ける仕事に従事する人は、ストレッチ体操や目の体操を行って自己管理するか、上司に許可をもらい1時間作業したら10分間の休憩をとるなど工夫が必要です。
●仕事から離れる●たっぷり休む●睡眠を十分とる……この3つを実行すれば、目の疲れや軽い眼精疲労は退散します。しかし、どうでしょうか。仕事から離れても揺れる電車内でスマホを見たり、暗くした部屋でテレビや動画配信サービスを楽しみ、睡眠はせいぜい6時間というのが大多数のサラリーマンやOLの実態では。中学生・高校生・大学生も同じ状況です。そして、こうした毎日の繰り返しで目の疲れは慢性になり、一過性の眼精疲労は真性になってしまうのです。「目は見えて当然」と、ケアを疎かにして、生活習慣を改めようとしないところから、眼精疲労はくるのです。

「目が疲れきって筋肉痛を起こしている」と考えれば、分かりやすいでしょう。普通、運動した後に筋肉痛になれば、人は休養をとったり、マッサージを行ったりして、疲労の解消と症状の緩和に努めます。ところが、疲れ目の場合は、これほどのケアを施すことはまずないでしょう。疲れが解消されないままの状態で、さらに酷使を続け、疲労を蓄積することになっているのです。

疲れ目は、「休ませてよ」という目からの悲鳴であると認識し、なんらかの対策を講じなければ、症状は改善されないばかりか悪くなるばかりです。
そこで登場するのが超音波治療器です。

毎日10分、まぶたに軽くあてるだけ。1秒間に約2万4千回の超音波振動が目の深層部の細胞組織まで届き、優しくマッサージ。近点固定が解かれて毛様体筋はゆるみ、目全体の血行が促され、目に酸素が補給されるのです。

毎日、帰宅後か、就寝前に超音波治療器を使えば、翌朝、目覚めた時の目の爽やかさに気づくはず。視力低下防止はもちろん、向上にも役立ちます。

パソコンの長時間使用が当たり前の現代、だからこそ自己防衛が必要なのです。疲れ目、眼精疲労が起こるプロセスを探っていくと、そのスタートラインには、「目の酷使」と「疲労の蓄積」という共通点があります。疲労を蓄積させないためにも超音波治療器を有効に活用しましょう。

超音波治療器による視力回復・無料モニター」についての詳細はこちら

「眼精疲労にならないための予防方法、ツボ療法」についての詳細はこちら

「眼精疲労・肩こりは、まぶたのたるみが原因かも。テープを貼るだけで不調が治る?!」についての詳細はこちら

Copyright© 視力ケアセンター , 2020 All Rights Reserved.