視力回復の視力ケアセンター

視力回復のアイパワー無料モニター

 075-229-3098

〒604-8162京都市中京区七観音町623 第11長谷ビル
午前 10:00~午後 5:00 / 休業日土曜日・日曜日・祝日

運転免許証更新で「視力検査」にパスするために

更新日:

視力検査前、直前に効く視力アップの方法!?

運転免許更新で視力検査にパス

視力は低下するとアップしない、と思っていませんか?

運転免許

車を安全に運転するためには、「視力」は欠かすことのできない要素です。そのため、自動車免許の更新時には「視力検査」が実施されます。

ドライバーの中には、更新日が近づくと、「最近、目が悪くっていて、免許を更新に行き視力検査に落ちたらどうなるのか不安…」「ここ数年で視力が一気に下がり、左0.6、右0.5ぐらいです。免許の更新は0.7あれば大丈夫と聞いたのですが私はアウトですか?」など、視力検査に対して不安を感じている方も多いはず。

また、メガネは掛けたくないのに、「運転免許の更新に行き視力検査でひっかかってしまい、仕方なく眼鏡屋さんでメガネを作りました」といったケースも多々あります。

「今までメガネを掛けないで車の運転&免許更新もメガネ無しでした。ところが最近、視力が落ちて、とくに夜の運転は見えにくかったりで、メガネを作ろうか迷っています」といった方も。

視力は、一度低下すると元に戻らない、と思っていませんか?

ここでは、視力回復に有効な超音波治療器「アイパワー」の紹介とともに、運転免許の更新時に実施される視力検査の方法と内容、検査の合格基準は?不合格になった場合はどうなるの?など運転免許更新時の視力検査についてまとめました。

運転免許更新時の視力検査。合格基準は?

視力検査

まずは、運転免許の更新は、誕生日の何日前からできるのでしょうか?

「運転免許証の更新のお知らせ」(はがき)の通知は、公安委員会が更新予定者全員に郵送しています。郵送時期は、誕生日の約35日前ころに届くよう発送しているようです。

次に、運転免許の更新手続ですが、「有効期間満了年の誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヵ月後までの間(誕生日の前後1ヶ月間)」に手続きを行うことができます。

その適性試験の視力の合格基準ですが、次のような内容になっています。

《視力の合格基準》

原付免許、小型特殊免許

両眼で0.5以上です。または、片目が見えない方については、見える方の目の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上となっています。

普通第一種免許、中型第一種免許(8トン限定中型)、二輪免許、大型特殊免許

両眼で0.7以上で、さらに、片目それぞれの視力が0.3以上となっています。
または片目の視力が0.3に満たない方、もしくは片目が見えない方については、片目の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上あればOKです。

大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)やけん引免許、第二種免許

両眼で視力が0.8以上で、なおかつ、片目がそれぞれ0.5以上なくてはなりません。さらに、深視力として、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内となっています。

※深視力とは、遠近感や立体感を正しく把握する能力のことで、視力の良し悪しにはあまり関係ありません。視力が悪くても合格出来ますし、視力が良くても遠近感をつかむのが苦手な人は、免許の更新ができない可能性があります。
実際の検査は、立体的に表示された3本の棒があって、中央に位置する棒が移動する中、3本の棒が一直線に並んだタイミングで移動を止める、というようなものです。この作業を3回繰り返し、3回の平均誤差が2cm以下であれば合格です。

不合格の時はどうなるの?

普通免許の取得や更新の方は、ランドルト環による検査に合格すれば検査終了です。

視力検査で、不合格になった場合ですが、

  • その場で時間をあけて再検査を受ける
  • 後日、再検査を受ける
  • メガネやコンタクトレンズを作り、後日再検査を受ける

のいずれかの選択肢を選ぶことになります。

再検査を受ける場合、免許の「有効期限」には細心の注意を払う必要があります。有効期限内に視力検査に合格できなかった場合には、その免許は「失効」として扱われ、免許失効になります。

有効期限内であれば、再検査を複数回、受けてもとくに問題は生じないため、期限内の合格を目指すようにすればいいのです。

深視力検査については、免許の有効期限内に合格できなかった場合、「基準に達している下位免許への格下げ」という措置が取られることになります。

視力検査前、直前に効く視力アップの方法?

「最近、視力が落ちて、検査に受かるかどうか微妙だ」「疲れ目がひどく、見づらいくなっている」という方、更新数日まえから、または運転免許更新の待ち時間に、簡単に目の血行を良くし、見えやすくする方法があります。
その方法ですが、当Webサイトの中で紹介していますので、実践してみてください。

パソコンやスマホなどで、目を酷使していると、充血したりショボショボしたりしますが、目の周辺の血流が悪化し、疲労が蓄積している状態です。目という部位は、血液の流れが悪化しやすいのです。一点を見ている作業をしていることで、筋肉が緊張することが一番の要因です。

それだけに、視力検査前にスマホを見続けるのは避けましょう。

根本から視力を良くして、メガネなしで運転を楽しみたい

「視力が落ちて、とくに夜の運転は見えにくかったりで、メガネを作ろうか迷っている」「普通の生活ではメガネなしで過ごしており、運転時にメガネを掛けると、すごく疲れる。免許証から眼鏡等の条件を外したい」などと思っている方にオススメなのが超音波治療器です。厚生労働省承認の医療機器で、視力回復機器として長年にわたって信頼され続けています。使い方は簡単。今日は右まぶた、翌日は左まぶたと、毎日10分軽くあてるだけ。1秒間に約2万4,000回の超音波振動が目の深層部の細胞組織まで届き、優しくマッサージ。毛様体のコリに作用し、ピント調節をサポートします。早い方は、最初の1回の使用だけで効果を体感できます。器材に視力検査表が入っていますので、使用前後に視力を測っていただければ、数字で実感できます。

現在、超音波治療器を無料で2週間、自宅で試せる「視力回復・無料モニター」を募集しています。ぜひ、この機会に、おためしください。

アイパワーの使用シーン

超音波治療器の愛用者の声を紹介

アイパワー愛用者の声・運転免許編

アイパワーを無料で2週間自宅で試せる無料モニター

Copyright© 視力回復のアイパワー無料モニター , 2020 All Rights Reserved.